スポーツマン少年だった幼少時代

高校野球マニアだったという大淵裕昭さん。

自身も小学校3年生の頃は野球少年だったそうです。ちょうどその年に出身地である茨木の常総学院が甲子園で優勝。決勝で強豪校である東北高校と戦った球児の姿が焼き付いたようです。
子供ながらにその光景に感動を覚えその姿を自分と照らし合わせるほど眩しく見えたことでしょう。
その頃から甲子園の星という雑誌を何度も何度もボロボロになるまで読んで、自身もそうなりたいと中学校ではクラブチームで硬式野球を始めます。
中学校での部活動としてではなく硬式野球のクラブチームというのが大淵裕昭さんの本気を表しているように感じます。

ですがクラブチームに入団して早くに若年性ヘルニアを患ってしまいます。そしてヘルニアのままでの練習がより腰に負担を与え、同じ時期に腰を疲労骨折という大きな怪我を負ってしまいます。
練習もベンチでの中腰での応援もまともにできないという絶望的な状況に追い込まれてしまいました。
結局そのまま4ヶ月ほどの療養を余儀なくされてしまった大淵裕昭さん。20人いる1年生でのレギュラー争いからは完全に外れてしまい、ヘルニアを抱えながらの練習も大きな負担となってしまいました。
長い期間の療養から周りとの遅れを取り戻すことは難しいと感じた松永佳祐さんは両親に自分の口で野球を辞めることを告げ、とても辛い思いをしたそうです。

日常生活も重いものを持てなかったりと大変だったようです。
そんなヘルニアの療養中、中学校の陸上部の顧問の先生に誘われたことをきっかけに陸上部への入部を決意します。
まだ野球のクラブチームには入ったままだったそうですが、ヘルニアを抱えたままでの野球の練習は厳しく、他のことも試してみたいという好奇心が陸上部への入部を決意させたようです。
陸上部自体はクラブチームとは別に助っ人のような形で何度か出場経験があり駅伝大会などにも参加したこともありました。
とにかく体を動かすことが好きだった大淵裕昭さんは陸上部入部後は腰の痛みを引きずりながらもランニングや練習を欠かすことなく毎日していてそれが功を奏したのか自然とヘルニアの症状も出なくなったとのこと。
こういった努力が実を結びめきめきと陸上でのタイムを伸ばしていき、地域に恵まれたたことも相まって、2009年の茨城県西大会では男子800メートルを優勝するなど優秀な成績を残し
高校までの学生生活を野球・陸上とスポーツに明け暮れた日々を過ごしました。