大淵裕昭のデビュー当時の様子

大淵裕昭さんは生年月日は1994年8月12日です。今23歳です。子供のころからボ-イズリ-グで野球をやっていました。出身は茨城県で、血液型はB型です。大手プロダクションの俳優さんです。
2010年に開かれたあるコンテストで、全国の並みいる強豪たちの中から価値残ってファイナリストになりました。世界陸上で知られるようになりましたが、
負けるとそこで終わりのレ-スでファイナリストになるということは、難しいことなんです。

つまり、同年代の男性の中で、光っている,華があるとお墨付きをもらうことになるからなんですね。芸能事務所に所属していない13歳から22歳の「まだ知られていない原石」を選出するのが同コンテストでした。
読者投票にチョイスされた10名と敗者復活から勝ち上がった2名をギャザ-した上位12名によって、最終選考会が勧められました。行われた。 他のファイナリストはパフォーマンスで、ロックバンドの歌を爽やかに歌唱したり、演技審査では、審査員の女装家ミッツ・マングローブを相手に熱演したりと工夫を凝らしたものが演じられまし。

大淵裕昭さんは、この日のために2週間特訓をした気合の入った空手の型のパフォーマンスで男らしさをアピールしました。流れる音楽に合わせて演じる姿はどこかダンスを踊っているようにも見え、胴着姿にも見ている者たちが診せられるでした。
特に告白キメ台詞の「ミッツさん。僕はマツコデラックスも好きだけど、ミッツさんはもっと大好きです」は、驚かせるような始まりで注目を集め、最後に「今年のクリスマスはサンタさんの衣装を着て、僕と一緒に過ごしてください」と落ち着かせるあたりの演出は、デビュ-・??したばかりの19歳の様子とは思えませんでした。

キャストサイズイベントでも彼のほっこりさせるキャラが見えていて、すごく彼を近くに感じました。このイベントは、デビュ-して数年の大淵裕昭さんと、他のベテラン俳優たちとの掛け合いがみものでした。
共演している二人が大淵裕昭さんをいじるのが楽しいイベントでした。例えば、共演者が「大淵裕昭なんかぽっちゃりしたね」というと、大淵裕昭「ぽっちゃりとか言うな!鍛えたんだよ!!」で返したりとか、大淵裕昭「俺らデビュー前から知り合いだけどさ」と投げると、もう一人が「え?どういうこと?」

「こう見えてもジュノンボーイです」「そうなんです、なんちゃってジュノンボーイです」・・・というほのぼのとしたやり取りがとてもほこほこさせるイベントでした。
その時のキャラはいまも変わっておらず、大淵裕昭さんは格好いいけどほっこりとさせる人はキ-プしています。