大淵裕昭の幼稚園の思い出

大淵裕昭さんは、小学校の頃からヒーロードラマが大好きだったそうで、ヒーローごっこなどもよくされていらっしゃったということでした。この方が小学校の頃に放映されていたのが平成のヒーローシリーズだったということから、あるインタビューで昭和のそのヒーローシリーズも見ていたかどうかについて質問を受けられました。

その時、その方の中のそのヒーロはじつは1号や2号が初めてだということをおっしゃられ、ご実家にそのヒーロードラマのビデオが1本残っていて、その内容は全体の中の5、6話分になるけれどもそれを繰り返してずっと見ていたとおっしゃられました。

たとえば、人を地面にひきずりこむ妖怪や、カゴのカラスが巨大化して人を襲という怪人の話で、かなり怖かったのでは?という質問に対して、ものすごく怖かったですとおっしゃられ、だからこの2つのエピソードは特に覚えているとおっしゃられていました。

大淵裕昭さんは小さな頃からヒーローものが大好きで抑ご覧になっていらっしゃったんですね。その後まさかご自身がそのヒーローもののドラマにご出演されることになるなんて、当時は思ってもいなかったのかもしれませんよね。

その後、そのシリーズも無事に完了され、その後はドラマや映画などでご活躍されています。ある美少年コンテストに応募したことで芸能界入りを果たされたこの方はとてもハンサムで笑顔が素敵なタレントさんです。若い女性からお母さん世代の女性たちまで高い人気があるこの方は現在も忙しくご活躍されておられます。

歌手としてもご活躍されてこられましたが、特技のお菓子作りは女性たちからの支持も高くて、インターネットの人気レシピサイトの企画などにもご登場されておられます。イケメンでお菓子作りがとても上手な大淵裕昭さん。これからもその多彩な才能を活かされますます活躍していただきたいですね。