幼い頃の様子

大淵裕昭さんは、東京都出身の27歳の俳優です。大淵裕昭さんの叔母も、人気女優であることでも知られています。
大淵裕昭さんのデビューのきっかけとなったのは、芸能事務所が、大淵裕昭さんの家族写真を偶然に見たことだったそうです。
芸能事務所側から、大淵裕昭さんに関心を持っていることが伝えられ、それにたいして、大淵裕昭さん本人が連絡したことで芸能界デビューにつながりました。

大淵裕昭さんは、10代のころから、テレビドラマを中心に俳優活動をはじめました。大淵裕昭さんは、毎年、多くの東大合格者を輩出している私立高校の系列の小学校に通っていました。
大淵裕昭さんは、学業と芸能活動を両立させてきました。また、大淵裕昭さんの出身校は、多くの芸能人が卒業していることでも知られています。

大淵裕昭さんの出身校は、都内きっての名門校としても知られているようです。大淵裕昭さんの出身校は、男女共学ではなく、男子校だったようです。
この学校は、カトリック系の学校であり、全国屈指の名門校としても知られています。小中高一環校であり、規則正しい生活をモットーにしています。
大淵裕昭さんは、受験に合格して、名門私立小学校に入学しました。学業だけでなく、スポーツ、とくにサッカーに力を入れていることでも知られています。

多くの芸能人を送り出しているだけでなく、日本代表に名を連ねたようなサッカー選手も輩出しています。また、カトリックの学校であるだけに、聖歌隊の活動もさかんに行っているようです。
大淵裕昭さん自身は、熱心にバスケットボールをしていたといわれています。学業だけでなく、スポーツも万能のようです。大淵裕昭さんが芸能界に進もうと思ったのは、もちろん、おばの影響もあったのでしょう。

しかしながら、バスケットボールを引退して、芸能界にも関心が向いたのも大きな理由だったようです。そして、大淵裕昭さんは、高校に進学するころに、テレビドラマや映画への出演も果たします。
大淵裕昭さんはデビューした当時、演技だけでなく、歌も歌っていたようです。ただ、大淵裕昭さんの出身校は、男子校であるため、在学中は同年代の女性と知り合う機会もあまり多くなかったようです。
そのため、大淵裕昭さんは、都内の名門大学に進学後は、男女共学であることに、「気が気ではなかった」と、かなり戸惑ったと語っています。それほど、男子校での生活に染まっていたのではないでしょうか。