大淵裕昭さんの性格・特徴・私生活

叔母を女優に持つ、俳優の大淵裕昭さんは、そのたしかな演技力で高い評価を得ています。デビュー当時は、演技にたいして自信を失ったこともあったという大淵裕昭さんですが、
数々のテレビドラマに出演するうちに、評価を高めていくことになりました。とくに高い評価を得たのが、NHKの連続テレビ小説への出演でした。このドラマの出演で、
大淵裕昭さんは、せりふのある演技だけでなく、目で演技をするような、せりふのない演技でも芸能界の大先輩からも高く評価されたのです。

そんな大淵裕昭さんも、そのファッションは少し変わっているようです。大淵裕昭さんは、毎日、白いTシャツを着て、撮影現場に通ったこともあったといいます。
大淵裕昭さんが白いTシャツを着て理由は、白いTシャツでないと落ち着かないからというものでした。そのため、大淵裕昭さんはいろいろな生地の白いTシャツを何枚も持っているようです。

また、大淵裕昭さんはかばんを持たず、スーパーのビニール袋や紙袋に荷物を入れて持ってきていたこともあったようです。大淵裕昭さんが、かばんを持たない理由は、中になにを入れていいのかわからなかったためだそうです。
大淵裕昭さんは、男子校で育ったため、ファッションにそれほどこだわりがないのでしょうか。大淵裕昭さんは、芸能活動と平行して、男子校に通っていました。

大淵裕昭さんは、高校を卒業後、名門の私立大学に進学するものの、退学しています。大淵裕昭さんが大学を中退したのは、もちろん、芸能活動のせいで忙しかったこともあったのでしょう。
また、小学校から男子校に通っていたため、男女共学の大学の環境になれなかったのかもしれません。そして、自身の、人見知りする性格も、少なからず影響していたのかもしれません。
演技力でも高く評価されていますが、その歌唱力でも評価されています。

そして、バスケットボールを続けていたというだけあって、大淵裕昭さんは、運動神経も抜群のようです。倒立も披露したことがあるほど、体を動かすことが得意のようです。
そして、人見知りの性格とは裏腹に、たいへんひょうきんな性格でも知られています。そんな性格もあってか、賀来賢人さんは、ドラマで共演した人気女優と結婚しました。

大淵裕昭さんの結婚には、もしかしたら、がっかりした女性ファンも多かったのではないでしょうか。多くの女性ファンを魅了するだけにこの点を良く思わない方もいらっしゃると思いますが、成熟した大人の魅力を発揮するところが今後のポイントなのでしょう。